ハイレゾ(迫真)

検証!ハイレゾウォークマンは本当に音が良いのか!?

新しいウォークマンを買った

愛用しているウォークマンが古くなってきたので、 正月に新しいウォークマンを買いました。

何を買おうかと迷ったのですが、昨年からよく「ハイレゾウォークマン」というものを 耳にするようになり、2万円出して買ってみることにしました。

ちなみに、ヨドバシの通販で買ったらポイントが10%付いてきたので、 そのポイントで保護ケースやメモリカードや充電アダプタを購入できました。

ハイレゾウォークマン
ハイレゾウォークマンと旧ウォークマン。

第一印象

色々いじってみた印象といたしましては、

  • 旧来に比べてでかいし重い
  • BackやOptionボタンが変なところにある
  • メニュー画面や再生画面等は、旧来のと同じ
  • メモリカードが挿せるので16+16=32GBになった。旧来の8倍である
  • ドラッグ&ドロップで曲データが移せるのは相変わらず

こんな感じです。

メモリーカードをClass4にしようかClass10にしようか迷いましたが、 4だと動かないおそれがあるのとのことで、高いけどClass10にしておきました。 (真偽の程は知らなーい)

あと、私は音楽転送ソフトが大嫌いなので、 ドラッグ&ドロップOKなケンウッドのmp3プレイヤーを 10年くらい前から使っていたのですが、 ケンウッドのmp3プレイヤーが無くなってしまい、 ウォークマンもドラッグ&ドロップでOKになったので、 3年前からウォークマンにした次第です。

肝心の音は

というわけで、肝心の音についてですが、本当に良くなったのか検証してみました。

本来は「ハイレゾ音源+ハイレゾ対応イヤホン」で実験しなきゃいけないみたいなのですが、 そんなものうちには無いので、たまたま2つ持っていたKOSSのイヤホンと、 ダンボールを漁ったら出てきたヴァンヘイレンの1st.アルバムで検証することにしました。

VAN HALEN
実験材料一覧

CDをWAVEデータに変換して、データを両機に入れて、 左耳に旧来のウォークマン、右耳に新ウォークマンに繋いだイヤホンを挿して、 同時スタートさせて聴いてみましたが…

違いがよく分かりませんでした。

というか、ボタン押すタイミングが微妙にズレて、一曲目から輪唱になるではありませんか。 これではVAN HALENというより、カエルの歌ではありませんか。

結論

というわけで、下らない結果に終わった下らない実験でしたが、 結論といたしましては…

  • ハイレゾウォークマンはハイレゾ非対応データも変換して良い音にするらしいが、違いがよく分からない。
  • 新型のメリットは、メモリーカードが挿せることくらい。
  • 値段や電池の持ちを考えたら、13000円で77時間持つSシリーズの方が良かった。
  • 今後もハイレゾを堪能しようとは思わない。

ということでございます。

オーディオヲタクの方々は、ケーブルやコンセント周りはおろか、 供給される電気の発電所(!)にまでこだわるらしいですが、

あいにく私はそのような趣味は持ちあわせておらず、 「1億円の機材で聴くクラシックや歌謡曲よりも、 100均で買ったラジオから流れるビートルズやストーンズの方が好き」 という感じで、要はハードよりもソフト次第ということなのでございました。

お金とかに関する記事

能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>