飛行機だけは勘弁な

質問&お悩み相談その7

最近この類の記事しか更新していないように思えてきた質問コーナー。

質問&悩み相談まとめページ

7回めとなる質問は、こちら。

読者からの質問

初メールです、はじめまして。 19歳 男です。 面白いのでいつもみてます。

さて、質問ですが 海外には興味がないのでしょうか?

大きな環境の変化ともいえる受験や就職、 また旅行記などにも 海外に関するお話(日本国外の大学や企業、海外旅行)がなかったように思えます。 (私の目が節穴の可能性アリ)

受験時、世界史と地理選択ということもあり、 国内でも色々な所に行く旅好き?の六郎氏が、 海外旅行は行かないことを不思議に思いました。

もしその記事または経験があるなら是非読みたいです。 これからも記事の更新を楽しみに待っています!

私の回答

そこに気付くとは、やるじゃないですか。

質問を読んで冷や汗が出ました。 あの、酒を飲み過ぎた時に出る、または下痢をした時に出る、血の気が引く変な冷や汗が出ました。

この質問者、節穴どころかかなりの慧眼。

これならまだ「どうして結婚しないのですか」という質問の方が良かった。

私が独身の理由を正直に書くと、以下の通り。

  • そもそも顔も性格も良くないので結婚できない
  • 子供時代酷い家庭環境だったので、家族という集合体が好きじゃない。 わざわざ肥溜めに頭を突っ込むようなマネをしたくない
  • 巨乳好きだが周囲に巨乳がいない
  • 頭の良い女性が好きなのだが「頭の良い巨乳」というのは稀有だし、 頭が良くて自律している人は結婚しないんじゃないか
  • 多少美人でも化粧を落としたのを見たらギャッとなること度々。 これなら自分の顔を鏡で眺めてた方がマシな気がする(眺めたくないけど)
  • だからといって私はホモではない。これだけはハッキリと真実を伝えたかった

(本当に正直に書きやがった! なんてこと書くんだ!こんなんじゃ女性ファンが激減しちゃうよ〜)

怖い

気を取り直して質問に正直に答えると、「飛行機が怖いから」これに尽きます。

何で怖いのか理由は3つ。

理由その1 子供時代のトラウマ

私が幼稚園だか小学校1年の頃だか、夏に日本航空123便が墜落する事故が起きて、 テレビでその様子を何度も繰り返しやっておりました。

親がそれを見ているもんだから私も見ることになり、 その事故の凄惨さが脳裏に焼き付いてしまったのでした。

理由その2 実際に乗ったら怖かった

北海道に行ったとき初めて飛行機に乗ったのですが、 何か新幹線より速く走ったと思ったら、急に浮いたじゃないですか!

あの感覚が今までに経験したことないくらい気持ち悪いもので、 しかもずっと浮いてるじゃないですか!

あんな恐ろしい感覚を味わったのは初めてで、 大阪国際空港から新千歳空港に着くまで、 ずっと下を向いて手を合わせたり十字を切ったり南無阿弥陀仏を唱えたりしておりました。

千歳に着いたら着いたで、何か高度が下って墜落しそうになるし、 ドンという衝撃とともにランディングしたと思ったら超スピードで走るしで、 もう怖くて怖くて仕方がないじゃないですか。

「もう二度と乗るもんか」と思ったのですが、帰りも乗らなきゃいけないので、 帰りは睡眠薬を飲んでフラフラの状態で乗って事なきを得たのです。

理由その3 飛行機の構造に問題がある

飛行機を怖がる人の常套句「鉄の塊が空を飛ぶなんてありえない」は、私的には全く問題ありません。 航空工学のイロハを説明してもらえば納得がいくから。

問題なのは、鉄の塊が飛ぶことではなく、少し尾翼が折れたり機体に穴が空いたり、 ちょっとエンジンが止まったくらいで簡単に墜落するところ。

ヘリコプターもそうだけど、 たかがテールローターが壊れたくらいで墜落するなんてありえないだろ、 航空工学の理論ガバガバじゃねーか、と思うわけです。

これだけ科学技術が発達しているのだから、天井が吹っ飛んだり主翼が折れた程度でも 飛び続ける飛行機が開発されてもよさそうなものだけど、相変わらず飛行機は脆いままです。

映画『ホットショット』(『トップガン』じゃない)のラストみたいな、 胴体だけになっても「タッチダウン」できる飛行機が開発されたら、 私は喜んで乗ります。

まとめ

というわけでまとめ。

  • 海外は大いに興味があるし英語もできるし行く金もある。だが飛行機が怖すぎる
  • このせいで海外どころか沖縄にも行けない有様
  • ジェットコースターや絶叫マシーンは平気である
  • 目覚めとか悟りとかよりも、目下の問題はこっちじゃないか
  • 多分数をこなせば怖くなくなると思うで、やっぱり乗るしかないのか
  • こんな情けない人間でもこの程度にはなれるので、皆さんも頑張ろう(適当)

お金とかに関する記事

能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>